« 金の財布!! | トップページ | 食育とアーユルベーダ① »

バリカエルと節分??

バシャールのサロン入り口には

石で作られたバリのカエルの置物があります。

が、節分の日の朝、サロンにいくと、

このカエルの置物の前に豆まきの豆供えられていました。

Dsc00152_1 なんだかちょっと笑ってしまいました。

ところで豆まきの由来って知っていますか?

私が知っている限りでは、

昔は四季それぞれに節分の日があったのですが、

春は特に重要視されて、春の節分の日だけが

現在も節分の日として残っているらしいです。

この季節の変わり目って邪気が入りやすいととされていて、

邪気を払って福を呼び込むために、

宮中行事として追儺(ついな)(鬼やらいや厄払いとも呼ばれている)

の中のひとつ 豆打ちの名残りが 豆まきらしいです。。

豆まきといえば鬼のお面を連想しますが、

おに は「陰(おん)」という言葉に由来していて、

「陰(おん)」とは目に見えない邪気のことをさしていて、

その邪気が鬼らしいです。

新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、

鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を追い払い、

福を呼び込む節分の豆まきが習慣となったらしいです。

大豆には霊的な力が宿ると信じられており、

昔から神様への供え物として使われていますが、

京都鞍馬山に鬼が出たとき、

毘沙門天のお告げがあり、そのお告げによって大豆を

鬼の目に投げつけて退治したそうですが、、

魔の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて

魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じるらしいです。

うーん豆まきも奥が深い(>_<)

ちなみに次の日はカエルの前に

「うなぎパイ」がお供えされていました。

Dsc00155 お賽銭箱でもおいておこうかな(^・^)

|

« 金の財布!! | トップページ | 食育とアーユルベーダ① »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209750/5270415

この記事へのトラックバック一覧です: バリカエルと節分??:

« 金の財布!! | トップページ | 食育とアーユルベーダ① »