« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

はまだまきこ先生のマヤ歴講習

マヤ歴って聴いたことありますか?

古代マヤ文明で使われていた

宇宙と自然と調和した暦

で、よくきく2012年なんとか・・・っていうのもこのマヤ歴

今回は銀座のサロンでマヤ歴講習1回目(全3回)

が、開催されました。講師は「はまだまきこ先生」で

なんとも言えない優しいオーラと宇宙人ぽい?不思議な雰囲気の

癒し系だけど・・・Maya1 芯の強い私の大好きな方です。

今年に入って急にマヤ歴って言葉を聴くようになり、

周りにマヤ歴を読む人が急に集まってきたhappy02事もあって

これもきっと何かのご縁・・・まきこ先生もうちの銀座のサロンで

講習をやってくれるとの事で今回の運びとなりました。

感想は・・・楽しかったですheart02今日は、ベーシックの一回目でしたので

自分自身の52歳までのマヤ歴カレンダーを作成し、マヤ歴の意味を

教えていただきました。

Maya3 受講している間にちょっと心の中でもやもやしていた事もすっきりして

なんだか優しい気持ちになれました。

2回目もとても待ち遠しいです。

まきこせんせいのマヤ歴鑑定やマヤ歴講習も受け付けておりますので

興味のある方はバシャール銀座までご連絡ください。

03-3454-8818 http://aqua-peace.net

bashar@aqua-peace.net

まきこ先生のブログはコチラ → http://ameblo.jp/goldgold-m/

| | コメント (0)

9月の大型連休の間にセラピストに変身!!

happy01初心者からサロン独立開業

バリエステセラピスト速習講座

9月の連休でセラピストとしての技術を学ぶ

独立できるノウハウを学ぶ アジアンヒーリング協会認定の特別講習

アジアンヒーリングセラピスト協会 入会金 無料 年会費12000

受講料 ① 10,500円 ② 98,000円 ③52,500

AHTA協会認定セラピスト講習終了書発行(別途3,000円)

①②③ 全部申し込み 受講料180,000円 

AHTA協会認定セラピスト講習認定書発行

①独立開業セミナー 9/19(土)

「セラピストとして活躍する方が、独立前に受講する講座」

10001200 130017:00

何から初めていいか分からない・自信がない・・他の人はどうやっているの?

職業としての癒しを現場を知り尽くしたプロフェッショナルが問題なく開業できる独立開業に必要な知識・ノウハウを惜しみなく伝授します。

関連法規・夢を形にする方法・自己資金計画・家族や協力者について・立地選定・事業計画の作成方法・設計・デザイン・インテリア施工会社の選定・機器やメニューの選定など

セラピストとして開業するのに必要な知識や情報をサロン運営経営者が直接伝授

② バリニーズアロマセラピー 全身トリートメント 

    3日間クラス 1日目 9/20(日)

     講義:10時~12時バリニーズアロマセラピーとは、アーユルヴェーダ基礎知識     実技:13時~17時バリニーズオイルトリートメント背面全身

② バリニーズアロマセラピー 全身トリートメント 

    3日間クラス 2日目 9/21(月)

   実技:13時~17時バリニーズオイルトリートメント前面全身

  実技:10時~12時バリニーズオイルトリートメント背面全面

 ○:東洋医学・経絡とつぼ

     実技:足浴・ハーブテント・経絡トリートメント

③ ホットストーンマッサージ (シヴァリンガヒーリングストーン) 

    3日間クラス 3日目 9/23(水)

パワーストーンの効能・石の基礎知識 ホットストーンヒーリング全身トリートメント法

     講義:ホットストーンの歴史・禁忌事項・効能・ヒーリングストーンについて

お問い合わせ申し込み 03-3545-8818 バシャール銀座

bashar@aqua-peace.net

② バリニーズアロマセラピー 全身トリートメント 

    3日間クラス 3日目 9/22(火)

| | コメント (0)

出張疲れには日本のスパ(*^◯^*)

Baliから帰ってきました(o^^o)
沢山の経験と氣付きそして出会い
皆さんにお伝えしたいしたい事が
一杯です

バリでは毎回パワーチャージをしてきていますが
それでも日本に帰ってくるとゆっくり湯ぶねに浸かりたく
機能はラクーア(後楽園のスパ)に行ってきました
久しぶりでリラックスできました
仕事が終わって
終電ぎりぎりでいったので人も少なく
本当にゆっくり出来ました
大好きなアカスリをしてもらい全身の角質と
一緒に疲れも取れた感じです

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »