« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

新年の満月

もうすぐ2009年が終わり2010年元旦を迎えます。

今年は新年を迎える夜が満月と重なりより意味のある

スタートとなる感じがしますね。

昨年は、本当にものすごいスピードですべてのサイクルが回り始め

自分の気持ちは関係ない部分で物事は動いていくのだと感じた一年でした。

バシャール銀座店のオープン

素敵なスタッフとの出会いと一緒に過ごした日々の積み重ね

私がこの20年間で温めてきたものの原点となるものの度重なるシンクロ・・・

バリへの思い

バシャールや私を取り巻いてくれる方々のすばらしさとその愛情

本当に本当にありがとうございました。

こんなに冒険に満ち、愛情に満ちて過ごせた1年は今までなかったように思います。

ずっと目標としている

バシャールが皆さんの心と身体の癒しの場であること

ご自身の可能性を気付いていただける場所であること

そしてもっと深くそれを感じていただける合宿所を作る事

自然と共に生きること

に加えて

バリの海をきれいにする。バリの自然を守る

アーユルヴェーダのより深い知恵をより多くの方に知っていただく

私の使命と受け止めています。

バシャールを取り巻いていただいている皆様、私を取り巻いていただいている皆様

そしてバシャールに携わっていただいている皆さんを支えてくれている皆様

すべての方に感謝をしています。

本当にありがとうございます。来年からも私たちは使命をまっとうする為に

頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いします。

そして今日の満月の夜に誓います。

皆様本当にありがとうございます。

バシャール白羽

Dsc04818

| | コメント (0)

どんぐり村の合宿所

Dsc04813 年末ですね

年々年末って感じが薄らいできたというか

季節感が薄くなって来た感じがします。

28日バシャールの大掃除と忘年会(゚ー゚)を無事終え

29日から岐阜県に行って来ました。白川町のどんぐり村という場所です。

ご縁があって知り合った宇宙人w(゚o゚)wの周くんのホームタウンですが、

彼のおば様とお母様が素敵な方で岐阜のどんぐり村でセミナーをやりたい!!!

と10年間温め続けてきた思いを今形にしようとしているところです。

周くんも積極的に取り組み、私がやっている活動やセミナーに共感して頂いたのか

セミナー開催会場になるどんぐり村を見てほしい!!とのお話しを頂き

行って来ました・・・本当に素敵な場所で滞在型のセミナーには最高の環境でした。

山と川と道路の流れが風水的にも今の時期にぴったりの場所過ぎて驚いてしまいました。

これから一緒に活動できることを楽しみにしております。

すごいものでした。自分では気づかない無意識の可能を開くものです。

周くんのお姉さんが息子さんと一緒にワークに参加され

本当に素敵な時間をすごせました。家族のチームワークのすごさに感動しました

ありがとうございました。Dsc04812

| | コメント (0)

日本のシンドラー 杉原千畝(すぎうらちうね)

素敵なお月様のクリスマスでしたね。

イヴの夜に私はお芝居を見に行っていきました(*^-^)

杉原千畝(すぎうらちうね)という方を題材にしたお芝居でしたが、

すばらしいものでした。

私たちが今 何のために生き どう人生を歩むか・・・

彼は人生をかけて教えてくれています。

杉原千畝は、第二次世界大戦中に、日本領事館領事代表として赴任していた

リトアニアのカウナスという都市で、ナチスドイツによって迫害されていた、多くの

ユダヤ人にビザを発給し、およそ6000人のいのちを救った事で自分や家族の危険を

省みず人道的な行為を行ったと海外ではセンポ・スギハラ「東洋のシンドラー」として

知られている人物ですが、今回のお芝居では、ビザを発給する際の彼の苦悩と葛藤

自分の中の善と悪との戦いが非常によく表現されており、演じていた水澤心吾さんに

杉原氏の魂が宿っているようでした。

先日バリで飛行機が欠航になってしまい、一日バリにいられる日が長くなったのですが

そのときたまたまよった寺院でナチスのマークを発見しました。

現地の人の話では昔から神様のマークとして普通にある

との事で、「ふーん」と不思議な感覚がしたものですが、このクリスマスイブに

お芝居の中でまたナチスのマークを見たときも少し不思議な気がしました。

皆さんはイブの夜どうすごされましたか?

私はイブにしては少し思い題材のような気がしましたが、

そんなお芝居を見ながらジュリー(ルームメイト)とすごしたアメリカのクリスマスや

オーストラリアのクリスマス そして去年のクリスマス・・・を夢のように思い出し、

今までの素敵なクリスマスの集大成のような素敵なイブを過ごせました。

お正月の満月にはまた、ひとつ願いがかなうといいなと思っています。

| | コメント (0)

クラレ(o^-^o)

クラレ(o^-^o)
暫くブログをお休みしていました(._.)
出張出張でやっと少し落ち着きました
会いたいと思っていたアルパカにまた会えました♪
昼間知人へのプレゼントを探していた時に出会ったアルパカ(o^-^o)
その時は購入しなかったのですが、夕方同じアルパカの人形をスタッフの女の子からプレゼントしてもらいました♪あまりの偶然に大興奮(o・v・o)
昨日はお揃いのピアスをもらったり皆の気持ちが涙が出るくらい嬉しかった1日でした
アルパカが幸せを乗せて来てくれたのでしょうか♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリの海

ここ1週間近くblogの更新お休みしていました(._.)
沖縄に出張の後直ぐにバリに出張で今デンパサールの空港から更新しています
羨ましいとよく言われますが…確かにとても素敵な出会いや時間を過ごせてモチベーションがあがります(o^-^o)
時間が足りず寝不足と体力的な問題と置いて来ている業務が解決すればさらに素敵なのですが♪
話は変わりますが
今回バリにはいつものお仕事意外に目的があって来ております
以前からバリの海の汚れが気になっていました(+_+)ずっとずっと何とか出来ないものかな…と考えておりました
寄付?でも寄付したお金がどう動くのか?
私に出来るのはなんでしょう
急激な生活の変化
発展により確かに私達外国人が訪れた時もかなり快適に過ごせるようになり現地の方の生活水準も上がってきています
開発開拓により便利さを手に入れた代償が環境汚染の問題です
少しずつ整備はされて来てはいますがまだ下水の問題廃棄物の問題は遅れているように思います
他国の方もそうですが日本も急激な発展途上の代償に私達の大切な自然を破壊しまたその代償に自分達の健康を害してきました
工場汚染や家庭から出る排水
具体的な例をあげようと思えばいくらでもあげられます
今バリでは同じ道をたどろうとしているのではないでしょうか
一部の特に欧米やオーストラリアの意識の高い方はそれを食い止めようと活動されています
11月末のアーユルベェーダ学会のシンポジウムでエコディーゼルについて発表されている先生がいました
使用済みオイル
例えばレストランや家庭で揚げ物をして出た使用済みオイルや私達のようなお仕事ならシロダーラで使用した油などを汚染排出なしでエコディーゼルに98%生産し直せる機械についてです
これだと思い開発者である社長とアポをとり沖縄に飛びました
沖縄にいくとそこに生息する植物や魚
家の作りや人々の生活
そして私を快く迎えてくれエコディーゼルのマシンについて実際に現地で使用されている施設の見学をさせてくれ沖縄の植物についてや風土と歴史 もと沖縄県知事でインドネシアの独立運動に命をかけて活動したイナミネイチロウさんのお話をして頂き真剣に向き合って私が沖縄にいる間お忙しい中貴重なお時間と真心を降り注いで頂いたヘルスクリーンの大山社長
との素晴らしい出会いがありました
沖縄とバリの類似点
そして沖縄とバリの繋がりを感じました
バリにエコディーゼルのマシンを持って行けたら…せめてレストランや家庭からの下水に流される油の回収とエコディーゼルへの生産が出来たら
そう思いバリに滞在やビジネスを展開している有力者の方にお話を聞いてもらいに回りました
皆さんお忙しい中本当に快くお話を聞いていただき様々なアドバイスを頂きました
本当にありがとうございます(._.)
今回私に出来る事を考えた時
エコディーゼルや廃油の再生について様々な見解もあるかと思いますが取りあえず一度やってみようと思います
そこからゴミ処理の問題や現地の方に環境問題についてわかりやすくお伝えする方法を次のステップとして進めて行こうと思っています
ただ資金的にも私一人の力では厳しくバシャール銀座店で開催する無料セミナーの際の募金箱への協力やアジアをヒーリングセラピスト協会への入会金からのご協力をお願いしております(._.
また日本に戻りましたら詳しくブログにてご報告させて頂きます(o^-^o)
近々無料セミナーですが15日火曜日
10時30分〜12時30分と16日19時〜21時まで
占い入門講座を開催します
ご希望のかたは
銀座バシャール
03-3545-8818
bashar@aqua-peace.net
までお問い合わせ下さい(o^-^o
http://www.aqua-peace.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れ星♪

昨夜恵比寿で食事会の帰り

流れ星を見ましたshine

沖縄でのお仕事が実りものであるように・・・

お願いをしたのですが、今日沖縄でのお仕事

最高に実りがありました。

あと、お知らせです。

12月19日土曜日

「アーユルヴェーダ入門講座」

13時~18時 受講料15000円 協会員12000円

開催します。月謝制スクールの方もカリキュラムの

アーユルヴェーダ掘り下げて確認するのと

各個人にあったオイルの調合でヘッドマッサージの方法

ひまし油温熱療法の紹介も予定していますので

内容の濃い是非受講していただきたいセミナーです。

土曜日開催ですので、興味のある方はぜひ

参加してください。

同日10時~12時まで

「バリニーズアロマセラピー バリの宗教と文化・伝統療法ジャムウ」

についての講習も開催しています。こちらは受講料3000円です。

開催教室は銀座バシャール

www.aqua-peace.net

お申し込みは 03-3545-8818

bashar@aqua-peace.net

まで(o^-^o)

| | コメント (0)

アトピー治療1

「アーユルベェーダによるヒマシ油温熱療法」
エドガーケイシーの処方にも
ヒマシ油 温熱 右腹部というキーワードは頻繁に出てきます
アトピーの問題に真剣に取り組む決心をした時に出会った療法です
長年アーユルベェーダとエドガーケイシー処方を研究されて「アーユルベェーダによるヒマシ油遠赤温熱療法」の特許をお持ちの会社の社長さんのお話を伺いました
M社長は子供の頃にアトピーで首から上の症状に悩まれていましたがステロイド等の治療により改善したそうですが「アーユルベェーダによるヒマシ油温熱療法」を行い初めてお顔に異変がでたそうです
好転反応と言われる症状で今まで何かしらの要因でおさえつけられていた毒素が浄化の為に表面に出てきます
暫くその状態が続きますが毒素が出きると素晴らしい健康な状態になります
私も小学5年〜6年の頃酷いアトピーが顔じゅうに広がり女の子と言うこともありかなり辛い思いをしました
いつの間にかアトピーの症状は落ち着いたのですが思春期には本当に酷いニキビに悩まされ別の形で問題は表面化していました
昨日「アーユルベェーダによるヒマシ油温熱療法」を私も体験してみたのですが
子供の頃のアトピー
好転反応覚悟していました
いましたが…
朝鏡をみるといい感じで好転反応らしき状態に
普段ならこの肌の状態に焦りを感じるのでしょうが今回は少し嬉しい位でした
ぎりぎりお化粧でちょっと荒れてるかなって位まで隠せる赤みと肌の荒れ
続けると一時悪化するでしょうが早く一番悪い状態になれと望んでいる位です
また症状が変化します(o^-^o)

| | コメント (0)

願いよ叶え

願っている事はその願いが本物なら必ず叶うと思っています
Tさんのアトピーが悪化して暫く仕事もお休みされていると連絡を頂いた時その事だけを考えていました
そんな時にある素晴らしい先生との出会いがあり私が18年前から凄いと思いずっと私の判断と決断に確信・後押しをしてくれていたアーユルベェーダとエドガーケイシーの伝えている内容をそのまま様々な症状を改善する現実的な取り組みをされている本当に素敵な志しの高いM社長と出会うことが出来ました
Tさん私は本気です
全ての優先順位の一番をTさんのアトピー全快に動かせてもらえたらと思いますが
私も小学生の頃顔から首にかけて全面にアトピーが出て
女の子ですから辛くて誰にも会いたくない位辛かったです
好転反応の恐怖
もし何も変わらなかった時の恐怖と絶望感
いま自分が同じ立場だったらと想像すると
いろいろな思いが込み上げてきます
勝手な無責任事をいうな
人の気持ちも知らないで好きな事いいやがってって
もっともっといろんな感情が込み上げてくる
だけど仕事とかそんな事抜きにして本当にこれだって思った方法でもしも納得してもらえるならTさんと頑張りたい
Tさんとお母様に頑張ってほしい
と思います
Tさんのさりげない優しさ思いやりを一緒に時間を過ごす度にどんどん知っていき生徒さんとかそんな枠組以上の思いを感じています
先ずは頭と身体で感じてもらえればと思います

今回ブログに書いたのはTさんに私の気持ちを知って貰いたいのと私のブログを支えてくれている大切な方達が読んでいてくれているからです
私が傲慢すぎたら
間違っていたら
Tさんにとって必要のない提案をしてる事に気づいていなかったらきっと教えてくれるから
大好きなTさん
同じ女としてセラピストととして
アトピーと
お母様への思い
乗り越えて同じ悩みをもつ人に伝えていけたらなって
思っています
今一番願っていることはTさんの痛みがアトピーが良くなることです
私の大事な方たちにも一緒に願って頂けたらこんな嬉しい事はありません
また本日長時間に渡りアトピーの改善と様々な教えを無学な私に辛抱強く教えてくださったM先生
本当にありがとうございます

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »