銀座で吹き矢♪

銀座で吹き矢が出来るらしいと生徒さんから教えて頂きました

Fukiya2 何だか面白そうで生徒さんと一緒に行ってきました(◎´∀`)ノ
最初はやはり初めての場所と初めての体験で3人ともちょっと緊張catface
でも先生に親切に指導して頂きコツがわかると面白いgood
銀座で吹き矢♪Fukiya 独特の作法やルールも魅力的で最後の方はかなりなりきっていました

本当に楽しかったです。

みなさんもぜひ吹き矢でリフレッシュして

くださいヽ(´▽`)/超おススメです。

| | コメント (2)

声楽コンサート♪

バリでのご縁で仲良くさせていただいている

Sご夫妻(*^_^*)今日は、ご夫婦で習われている声楽コンサートでした。

今回は、奥様が出演され素晴らしい歌声で

「アメイジング・グレース」と「星に願いを」

を披露していただきました。感動・・・

Dscf0358 

今回のコンサートは、素晴らしい声楽家である小西雅子先生の門下生の

皆様の出演によるものです。

最近は、わたしも小西先生に発声のレッスンをしていただいたり、

お世話になっております。歌を歌う・・・本当に素晴らしい事だと思います。

昨日のデヴィ婦人のチャリティーパーティと何だか2日続けて

豪華な日々でした(*^_^*)

| | コメント (0)

中国 大連からです。

中国大連に来ています。

日本から2時間半のフライトで意外と近い感じです。

大連は、活気に満ちています。

タクシーに乗りましたが、すごい運転でアジアのタクシー

慣れているはずでしたが

ぶつかる!!と本気で2回程思いました。

ちょっと「すごい」と思います。

建築中のビルが沢山あり工事の音が鳴り響いています。

歴史をみると、ロシアが来た後、日本が来て・・・

建築中の建物も、歴史的背景も なんだかバリに似ているな

ってちょっぴり感じました。

ローカルの餃子屋さんに行くと食べ合わせの良い食べ物ポスターが

貼ってあり面白かったです。

| | コメント (0)

イタリア巡礼の旅

火山の噴火の影響で空港がクローズしてしまい

イタリアで状況を見守っておりましたが、今日はチケットが取れそうです。

イタリアミラノに到着した日は、22度という暖かさに驚きましが、

2日後黒いマリア像の拝礼の日には、なんと一面の雪

現地の方も驚いていました。

この時期にイタリアの山地でも雪が降るのはめったにないことで

本当にマリア様の洗礼を授かったような素晴らしい拝礼でした。

Dsc05861 写真の編集が出来ず横のままです。

Dsc05876様々な奇跡を起こしたといわれる黒いマリア像

ここで、祈りを捧げてきました。きっと皆様の祈りもきっとマリア様に通じたと思います。

他にもあり得ないようなことがこの巡礼の中ありましたが、

その素晴らしい奇跡と一緒に日本に帰国したいと思っています。

| | コメント (0)

アイスランドの火山噴火

引き続きイタリアからのブログです。巡礼のツアーの途中から

アイスランドの火山噴火の話しを聞いていましたが、テレビも新聞も何もない

状況下で、詳しい情報を知らずにいました。

本当であればとっくに帰国しているはずですが、空港閉鎖で

まったく身動きがとれず、まだイタリアにいます。

講演やレッスン・・・鑑定の原稿など現実的な問題が諸々とあり

また、沢山の方にご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳なく思っています。

多分今週中には帰国できると思いますが、自然の事・・・

なんともいえません。スタッフの皆さん・生徒さん・関係者の皆さん

なにとぞ留守の間をよろしくお願いします。また、ご迷惑をおかけしてしまい

本当に申しわけありません。

今は今晩宿泊するホテルを手配しながら奇跡的に昨日宿泊できたホテルのロビーで

こうしてブログを書いております。

ホテルも空港も大混乱で空港近くのホテルはほとんどが満室です。

ホテルマンも予想していない大混雑にパニックになっているようでした。

イタリアミラノから前回のブログをアップしましたが、

12日には聖ヨハネ大聖堂を巡礼しキリストの聖骸布を拝礼してきました。

Dsc05908 ちょっと判り難いですが、これが聖骸布です。布の中心がキリストの頭部 頭部を中心に上下にキリストを包みこんでいた形になります。

聖堂の中に入るまでには世界中から集まったクリスチャンや一般の方々が長蛇の列を作り順番を待っていました。聖堂に入って瞬間今まで隣で微笑みかけてくれていた双子の赤ちゃんのお兄ちゃんがすごい勢いで泣き出し、聖骸布の前をとおり聖堂を出るまで火のついたように泣き続けていました。それが聖堂を出た途端何事もなかったかの用にピタッと泣き止みました。

Dsc05849 沢山の方がそんなそのような体験をされているようで、大人の方の中にも声をあげて泣きだしたり恍惚な表情で何かを感じられている方もいらっしゃいました。

その語フィレンテェを回りシエナの聖女カタリナゆかりのサン・ドメニコ協会を巡礼し

アッシジを周りローマに入りました。

まだしばらくはローマにて滞在を余儀なくされています。

また、ブログにてご報告させていただきます。

| | コメント (0)

イタリアより

イタリアに来ています。1月以来のブログ更新になりますが、商談もかねて巡礼のツアーに参加しています。今回ローマで新しくイタリア製のエステ用機器の調査に来る予定でしたが、同じ時期に聖地を訪れる巡礼のツアーが、瞑想の先生の元で行われることになり、ツアーに参加しながら、間でビジネスをすることにしました。

最近は海外と言えばバリしか行っておらず、初めてのヨーロッパで巡礼の旅・・・

そして今回のツアーでは、10年ぶりに公開される聖骸布の拝礼が出来るということで非常に意味のあるイタリアの旅になると思っています。

聖骸布とは、十字架から降ろされた後のイエス・キリストの姿が映し出された布です。これは聖ヨハネ大聖堂で公開されます。

本日は、サンタマリア・デレ・グラッツェ教会にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの名作「最後の晩餐」を鑑賞したのですが明日は、聖骸布を拝礼します

本日のミラノの壁画はすばらしいものでした。中に入った瞬間びりびりびりびり

感動とかすばらしいとか言葉では言い表せないダヴィンチを感じました。

テレビやメディアでは、何度も見たことがある「最後の晩餐」ですが

本物を見て初めてまったく違うものを感じました。

魅入られるとはこのことでしょうか?魅入られるというとまた表現が違っているように思いますが、感動でした。心が・・・体が震えました。

Dsc05840 本日はその後 標高高い山奥の聖母マリアの地オローパを巡礼し、17世紀に建てられたバジリカを訪れました。「黒いマドンナ」と呼ばれるマリア様に関してお話は聞いた事がありましたが、黒いマリア様のイメージが沸かず今回巡礼できたことも幸せに思います。

Dsc05876 先日イタリア・ミラノに到着した時は、22度と日本より暖かいくらいの気候でしたが、バジリカを訪れたときは一面の雪 現地の方も「昨日まで暖かかったのに」と驚くような気候でした。

Dsc05885

雪の降り積もる中「黒いマドンナ」を巡礼したのですが、黒いマリア様がおられる教会の前に立ったとたんびりびりびりびりすごいエネルギーが中に入る前から私の手のひらで舞っていました。外は寒く、雪の準備などまったくしていない私達の足は雪道ですっかり濡れ冷え切っていたのですが、マリア様の教会に入った途端足元から急に暖かさがこみ上げてきて冷えもすっかり治まったどころか足元が本当に暖かく感じました。

教会内は、フランキンセンスとミルラの香りで満ち溢れすばらしいことでした。

移動のバスの中では、瞑想の師である青山先生が聖書の中から、今回巡礼の関係ある部分を解説して頂き、より意味深い巡礼の旅だと感じています。

| | コメント (0)

神々の科学

青山圭秀先生

「神々の科学」

出版記念パーティに行ってきました♪

沢山の方が先生の魅力に引き寄せられ

様々な思いを抱いて集まられており、

とても素敵なひとときでした。

先生につくって頂いたあの空間

また、出会った素敵な方々に感謝します。

「筆談ホステス」の著者 斉藤里恵さんも

出版記念パーティにいらっしゃっていました。

Sn3e0200_2 とても素敵な方でさすがだな・・・

と感じました♪

| | コメント (0)

かぐや姫の神社

先日ブログで書かせていただいた吉田神社の神楽の様子です。

Dsc05130

巫女さんが刀を手に待っていました。

翌日は、節分のご祈祷を受けに伏見神寶神社に行ってきました。

伏見大社のを上っていくとある小さな神社ですが、

叶雛(願い事を書く雛形)があり、かぐや姫の神社と言われているところで

なんともいえない気が漂っています。

神主さんとお話しをしていると、この寶神社の紋様は

数学の先生がいらっしゃった時に、カオス(混沌)をあらわして

いて面白ろいんですよ・・・なんて教えてくれ他にも

ご祈祷の際の意味や雅楽の話など色々お話して頂けました。

Dsc05147

神主さんはご祈祷の際太鼓をたたき、その後竜笛を奏で

祝詞を奏でておられました。

すばらしいご祈祷を受けられ庚寅の年が志新たに迎えられました。

| | コメント (0)

森林の伐採

ハイチの地震

いろいろと考えてしまいます。私達が今

何をする事が必要なのでしょうか・・・

ハイチは、最近読んでいた本の中でちょうど写真が出ていて

その時も強烈な感情が湧いてきたのでとても印象が強いです。

その時よんでいた本は、アル・ゴア氏の不都合な真実です。

Haiti わかりますか?左がハイチ右がドミニカ共和国

二つともカリブ海の1つの島の中にある国です。

ゴア氏は環境問題を著しているので、森林伐採を放置した国と

手立てをうった国の対象的な結果として写真が掲載されていました。

この写真のハイチはもとあった森林の98%が失われてしまった・・・とあります。

そしてまた今度の地震 胸が苦しくなります。

| | コメント (0)

バリでの出来事

11日からバリに行っていました。昨日帰ってきたのですが、

今回のバリはまた、少し変わった事がありました。色々とご報告したいのですが、

「イルカヒーリング」で「イルカアタック」された事が一番大きな事だった感じがします。

先月バリに行ったときに現地の子に「ルビナビーチ」のイルカヒーリングいいよ♪

と薦められ前回はサヌールのイルカヒーリングに行ってきたのですが、

今回は予約がとれ念願のルビナのイルカヒーリングに行ってきました。

Dsc04939

最初は楽しく過ごしていたのですが・・・

イルカと一緒にスイミングしているときです。

どんっっ!!とすごい衝撃の後、息が出来なくなり、急に痛みが胸を走りました。

何とイルカがアタックしてきたのです!!(゚ロ゚屮)屮

その後すぐにプールを出て、うずくまっていたのですが、痛みが治まりません。

Dsc04974 ←(プールから上がってすぐです。)

次の日病院に行って見ると肋骨3本にひびが行っていました。

全治5週間。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Dsc04979

面白かったのは、イルカにアタックされて動けない私に現地のインストラクターは

イルカセラピーで治すからもう一度プールに入れって勧めた事と、

現地の病院に初めてお世話になりました。すごく親切で設備も充実しており安心でした。

レントゲン写真もcdに焼いていただけ満足でした。

I00001Dsc04732 イルカが何にストレスを感じたのか、何のメッセージなのか少し感じたい・・・

と思っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧